top of page

【必見】動画編集でやってはいけない5つのこととその対処法

動画編集は、映像制作の最終段階であり、コンテンツの品質や魅力を大きく左右する重要な工程です。


しかし、動画編集には様々な落とし穴があり、知らず知らずのうちにNG行動をしてしまうことがあります。


そこで今回は、動画編集でやってはいけない5つのこととその対処法をご紹介します。これらのポイントを押さえておけば、あなたの動画コンテンツはより効果的で魅力的になること間違いなしです!





1. 編集前にプランニングをしない

動画編集を始める前に、どんな目的やメッセージを伝えたいのか、どんな視聴者に向けて作っているのか、どんなストーリーや構成にするのかなど、プランニングをしっかりと行うことが大切です。プランニングをしないで編集に入ると、時間や労力の無駄になるだけでなく、コンテンツの方向性がぼやけてしまう可能性があります。プランニングをすることで、あなたの動画コンテンツに一貫性と明確さが生まれます。



2. 音声や音楽のバランスを調整しない

動画編集では、映像だけでなく音声や音楽も重要な要素です。音声や音楽のバランスが悪いと、視聴者は内容に集中できなくなります。例えば、音声が小さすぎると聞き取れないし、大きすぎると耳障りに感じます。音楽が強すぎると音声にかぶってしまいます。音声や音楽のバランスを調整するには、オーディオミキサーなどのツールを使って、各トラックのレベルやパンニングを適切に設定します。また、音量の変化やエコーなどのエフェクトも使ってみましょう。



3. トランジションやエフェクトを乱用する

トランジションやエフェクトは、動画編集で映像に変化やアクセントをつけるために使われるテクニックです。しかし、これらを乱用すると、視聴者は混乱したり不快感を覚えたりします。例えば、シーンが切り替わるたびにフェードイン・フェードアウトやワイプなどのトランジションを使うと、視聴者はストーリーに入り込めません。また、カラーグレーディングやグリッチなどのエフェクトを過剰に使うと、視聴者は映像から目が離れてしまいます。トランジションやエフェクトは、必要最低限かつ目的に合ったものを選んで使いましょう。



4. フォントや色の統一性を無視する

動画編集では、テキストやグラフィックスなどの視覚的な要素も重要です。これらの要素は、動画コンテンツのブランディングやイメージを強化する役割を果たします。しかし、フォントや色の統一性を無視すると、視聴者は動画コンテンツにプロフェッショナルさや信頼感を感じません。例えば、フォントを何種類も使ったり、色をランダムに変えたりすると、視聴者は動画コンテンツに統一感や調和がないと感じます。フォントや色は、動画コンテンツのテーマやターゲットに合わせて選び、一貫して使いましょう。



5. 編集後にレビューをしない

動画編集が終わったら、必ずレビューをしましょう。レビューをしないで公開すると、ミスや不備がそのまま残ってしまいます。例えば、映像や音声にノイズが入っていたり、タイミングがずれていたり、スペルミスがあったりします。レビューをすることで、あなたの動画コンテンツの品質を高めることができます。レビューをする際は、自分だけでなく他の人にも見てもらうとより効果的です。



以上が、動画編集でやってはいけない5つのこととその対処法です。これらのポイントを意識して動画編集に取り組めば、あなたの動画コンテンツは間違いなくレベルアップします!ぜひ試してみてくださいね!





Comments


bottom of page