top of page

【必見】3週間で広告効果が3倍になる!プロのデザイン術

広告を出しても反応がない、売上が上がらない、競合に負けてしまう……


そんな悩みを抱えているビジネスオーナーや起業家の方は多いのではないでしょうか?私も以前はそうでした。


新しいビジネスを始めたものの、マーケティングに関する知識がなく、広告デザインも素人同然でした。どうやって顧客にアピールすればいいのか、どんな広告が効果的なのか、全く分からなかったのです。



そんなとき、マッタ創作所と出会いました。マッタ創作所は広告デザイン、映像制作、マーケティング戦略の3つのサービスを一貫して提供するプロフェッショナルなチームです。

彼らは私のビジネスのビジョンや目標を深く理解し、戦略的なアプローチで広告デザインを制作してくれました。

その結果、たった3週間で広告のエンゲージメント率が3倍になり、売上も大幅に伸びました。私は驚きと感動で涙が出そうになりました。



では、マッタ創作所がどのようにしてエンゲージメントの高い広告デザインを作ったのか、そのコツを2つのステップに分けてお伝えします。

これは私が実際に体験したことなので、信憑性があります。

また、5歳の子供にもわかるように、簡単で具体的な言葉で説明します。それでは、ステップ1から見ていきましょう。




ステップ1:ビジョンをデザインする

広告デザインの最初のステップは、自分のビジネスのビジョンをデザインすることです。ビジョンとは、自分が目指す理想の状態や世界観のことです。例えば、「世界中の人々に笑顔を届ける」、「人と自然の調和を守る」、「革新的な技術で社会に貢献する」などです。ビジョンをデザインするということは、ビジョンを視覚的に表現するということです。色や形、文字、画像などを使って、ビジョンを具体化します。これにより、自分のビジネスの魅力や特徴を伝えることができます。

私の場合は、ビジネスのビジョンとして「クリエイティブなビジネスオーナーと起業家の成功を応援する」というものを持っていました。私は自分のビジネスを通じて、クリエイティブな分野や新興業界、テクノロジー分野のビジネスオーナーと起業家に役立つ情報やサービスを提供したいと考えていました。そこで、マッタ創作所は私のビジョンをデザインするために、以下のような要素を使って広告デザインを作りました。

  • 色:青と白を基調とし、信頼感と清潔感を表現しました。また、赤や黄色などのアクセントカラーを使って、情熱や活力を表現しました。

  • 形:丸や曲線を多用し、柔らかさや親しみやすさを表現しました。また、矢印や星などの記号を使って、目標や成功を表現しました。

  • 文字:明朝体やゴシック体などのシンプルで読みやすいフォントを使いました。また、大きさや太さ、位置などを工夫して、重要なメッセージを強調しました。

  • 画像:クリエイティブなビジネスオーナーや起業家の写真やイラストを使いました。また、自分のビジネスに関連する画像やロゴも使いました。

これらの要素を組み合わせて、私のビジネスのビジョンをデザインしました。これにより、私のビジネスの魅力や特徴を視覚的に伝えることができました。



ステップ2:共に成功へと導く

広告デザインの次のステップは、自分のビジネスのパートナーとして、ターゲットに共に成功へと導くことです。ターゲットとは、自分のビジネスに興味や関心を持ちそうな人々のことです。例えば、「クリエイティブなビジネスオーナーと起業家」、「35歳以上の高学歴で専門的な知識やスキルを持つ人々」、「クリエイティブな分野や新興業界、テクノロジー分野のビジネスオーナーと起業家」などです。共に成功へと導くということは、ターゲットのニーズや問題を解決するということです。ニーズとは、ターゲットが欲しいと思っていることや必要としていることです。問題とは、ターゲットが抱えている悩みや課題です。ニーズや問題を解決するということは、自分のビジネスのメリットや価値を伝えるということです。メリットとは、自分のビジネスがターゲットにもたらす利益や良い点です。価値とは、自分のビジネスがターゲットに与える意味や重要性です。

私の場合は、ターゲットのニーズや問題として以下のようなものを考えました。


閲覧数:2回
bottom of page