top of page

デジタル絵本「雨の日のお花たち」

ストーリーを作った思い: このストーリーは、私が子供の頃に雨の日が嫌いだったときに思いついたものです。

私はお花が好きでしたが、雨に濡れると傷んでしまうと思っていました。

でも、お母さんから雨の役割を教えてもらって、雨も大切なものだとわかりました。

このストーリーを読んで、☔️🌼雨の日も楽しめるようになってほしいです。💧🌈✨





「雨の日のお花たち」

1ページ目 お花たちは毎日、太陽に向かって笑っていました。

でも、ある日、空に雲がかかりました。

「雨が降るよ」と風が言いました。

お花たちは雨が嫌いでした。

「雨は冷たくて、濡れて、重いの」と文句を言いました。

挿絵:色とりどりのお花たちが太陽に向かって笑っている。空には雲がかかっている。


2ページ目 やがて、雨がポツポツと降り始めました。

お花たちは傘をさして、顔をしかめました。

「雨はやめてほしいの」と泣きました。

でも、雨は止まりませんでした。

「雨は大切なものを育てるんだよ」と虫たちが言いました。

「雨は何を育てるの?」とお花たちは聞きました。

挿絵:お花たちが傘をさして、顔をしかめている。

虫たちがお花たちに話しかけている。


3ページ目 虫たちはお花たちに教えてくれました。

「雨は土をふかふかにしてくれるんだよ。それで根っこが伸びやすくなるんだ」

「雨は空気をきれいにしてくれるんだよ。それで葉っぱが光合成しやすくなるんだ」

「雨は水分を補給してくれるんだよ。

それで花びらがしぼまないでキレイになるんだ」 お花たちは虫たちの言葉に驚きました。 「そうなの?雨はそんなにすごいの?」と感心しました。

挿絵:虫たちがお花たちに色々なことを教えている。

お花たちは目を丸くして聞いている。


4ページ目 やっと、雨が上がりました。 空には虹がかかりました。 お花たちは傘をしまって、空を見上げました。

「ありがとう、雨さん」とお礼を言いました。

そして、太陽に向かって笑いました。

お花たちは雨も好きになりました。

挿絵:虹がかかった空と太陽を見上げるお花たち。

お花たちは笑顔で咲いている。 雨が降ると嫌な気分になるお花たち。


でも、雨はお花たちにとっても必要なものだったんです。 虫たちが教えてくれた雨の不思議な力とは? 雨が上がった後に見えた美しいものとは? お花たちの心が変わる感動の物語です。


===========================================================

▷Creator:@mattasosakujo

ストーリーを作った思い:

このストーリーは、私が子供の頃に雨の日が嫌いだったときに思いついたものです。 私はお花が好きでしたが、雨に濡れると傷んでしまうと思っていました。

でも、お母さんから雨の役割を教えてもらって、雨も大切なものだとわかりました。

このストーリーを読んで、☔️🌼雨の日も楽しめるようになってほしいです。💧🌈✨



閲覧数:1回

Comentários


bottom of page