top of page

デジタル絵本『滝のおと』

更新日:2023年6月25日

ストーリーを作った思い:

このストーリーは、私が子供の頃によく滝に行っていたときに思いついたものです。

私は滝の音が好きでしたが、滝は自分の音に不満を持っているとしたらどうなるだろうと考えました。

このストーリーを読んで、自分の個性や能力を受け入れて、自信を持ってほしいです。







『滝のおと』

不安な気持ちを受け入れて、自分の力を信じること。


【1ページ目】 滝は自分の音が大きすぎると思っていました。 他の川や池や海に比べて、自分はうるさいと感じていました。 「もっと静かになりたい」とつぶやきました。


【2ページ目】 ある日、滝は星に願いをかけました。 「私の音を小さくしてください」とお願いしました。 星は滝の願いを聞き、一晩中かがやきました。


【3ページ目】 次の日、滝は目覚めると、自分の音が小さくなっていることに気づきました。 「やった!」と喜びましたが、すぐに不安になりました。

「私の音が小さくなったら、誰も気づいてくれないかもしれない」と心配しました。


【4ページ目】 そのとき、滝のそばに動物たちがやってきました。 「滝さん、こんにちは」と声をかけました。 滝は驚きました。

「私の音が小さくなっても、みんな気づいてくれたんだ」と。 動物たちは言いました。「滝さんの音は大きくても小さくても、私たちはみんな好きです。 滝さんの音は癒しの音です」


滝の音が大きいことに悩んだ滝の物語。 自分が大きな音を立てることにコンプレックスを感じていた滝が、願いをかけて音を小さくすることができます。


しかし、小さくなったことに不安を抱く滝ですが、動物たちが滝を受け入れてくれ、彼らにとって滝の音は癒しの音であることを知ります。


この物語は、自分の個性や特徴を受け入れる大切さを伝え、他者とのつながりや癒しの力を探求します。


===========================================================

▷Creator:@mattasosakujo

ストーリーを作った思い:

このストーリーは、私が子供の頃によく滝に行っていたときに思いついたものです。 私は滝の音が好きでしたが、滝は自分の音に不満を持っているとしたらどうなるだろうと考えました。 このストーリーを読んで、自分の個性や能力を受け入れて、自信を持ってほしいです。





閲覧数:1回

Kommentare


bottom of page