top of page

ビジュアルコンテンツの力: 5つのステップでSNSユーザーの心をつかむ方法

こんにちは、私はマッタ創作所の広告デザイナーです。私は毎日、クライアントのビジネスを魅力的に表現するビジュアルコンテンツを作成しています。


ビジュアルコンテンツとは、写真やイラスト、動画などの視覚的なコンテンツのことです。ビジュアルコンテンツは、SNSでのプロモーションにとても効果的です。


なぜなら、人間は視覚的な情報に強く反応するからです。

ビジュアルコンテンツは、文字や音声よりも早く伝わり、感情や記憶に残りやすいのです。ビジュアルコンテンツがあれば、SNSユーザーの心をつかみ、エンゲージメントを高めることができます。


エンゲージメントとは、SNSユーザーがコンテンツに対して行動することです。例えば、いいねやコメント、シェアなどです。エンゲージメントが高まれば、ビジネスの知名度や信頼性も高まります。


では、どうすればビジュアルコンテンツでSNSユーザーの心をつかむことができるのでしょうか?今日は、私が実践している5つのステップをご紹介します。


これらのステップを実行すれば、あなたのビジュアルコンテンツも3倍の効果でバズることができますよ!





##ステップ1: 目標とターゲットを明確にする ビジュアルコンテンツを作成する前に、まずは目標とターゲットを明確にしましょう。目標とは、ビジュアルコンテンツで達成したいことです。例えば、ブランドの認知度を上げる、商品の売上を増やす、ウェブサイトへの流入を促すなどです。ターゲットとは、ビジュアルコンテンツの対象となる人です。例えば、年齢や性別、職業や趣味などです。目標とターゲットを明確にすることで、ビジュアルコンテンツの方向性やメッセージが決まります。また、SNSの選択や配信時間も決めやすくなります。目標とターゲットを明確にするためには、5W2Hを意識しましょう。5W2Hとは、Who(誰に)、What(何を)、When(いつ)、Where(どこで)、Why(なぜ)、How(どのように)のことです。例えば、私の場合は以下のようになります。

  • Who(誰に): 35歳以上のクリエイティブなビジネスオーナーや起業家

  • What(何を): マッタ創作所の広告デザインサービスの魅力と価値

  • When(いつ): 月曜日の午前中

  • Where(どこで): FacebookとInstagram

  • Why(なぜ): ブランディングとビジュアルコンテンツの重要性を伝え、問い合わせや契約につなげる

  • How(どのように): クリエイティブで魅力的なビジュアルコンテンツを作成し、感情や目標に訴える


##ステップ2: ビジュアルコンテンツの種類とフォーマットを決める 次に、ビジュアルコンテンツの種類とフォーマットを決めましょう。ビジュアルコンテンツの種類とは、写真やイラスト、動画などのことです。フォーマットとは、サイズや色、フォントなどのことです。ビジュアルコンテンツの種類とフォーマットを決めるときには、以下の点に注意しましょう。

  • 目標とターゲットに合わせる: ビジュアルコンテンツの種類とフォーマットは、目標とターゲットに合わせて選びましょう。例えば、商品の機能や特徴を紹介するなら、動画が効果的です。感情や雰囲気を伝えるなら、写真やイラストが効果的です。ターゲットの好みや嗜好にも合わせましょう。例えば、若い世代には明るくカラフルな色やフォントが好まれます。年配の世代には落ち着いた色やフォントが好まれます。

  • SNSの仕様に合わせる: ビジュアルコンテンツの種類とフォーマットは、SNSの仕様に合わせて調整しましょう。例えば、Facebookでは正方形や縦長の画像が目立ちます。Instagramでは正方形や横長の画像が目立ちます。動画の長さや音声の有無もSNSによって異なります。SNSの仕様に合わせることで、ビジュアルコンテンツの見栄えや視聴率を高めることができます。


##ステップ3: ビジュアルコンテンツの内容とメッセージを決める さて、ビジュアルコンテンツの種類とフォーマットが決まったら、次は内容とメッセージを決めましょう。内容とは、ビジュアルコンテンツに何を映すか、どんな情報を伝えるかのことです。メッセージとは、ビジュアルコンテンツで何を伝えたいか、どんな印象を与えたいかのことです。ビジュアルコンテンツの内容とメッセージを決めるときには、以下の点に注意しましょう。

  • 目標とターゲットに合わせる: ビジュアルコンテンツの内容とメッセージは、目標とターゲットに合わせて決めましょう。例えば、ブランドの認知度を上げるなら、ロゴやスローガンなどのブランドアイデンティティを強調しましょう。商品の売上を増やすなら、商品の魅力や利点をアピールしましょう。ウェブサイトへの流入を促すなら、ウェブサイトのURLやQRコードなどのアクセス方法を示しましょう。ターゲットのニーズや問題にも合わせましょう。例えば、クリエイティブなビジネスオーナーや起業家には、ビジュアルコンテンツの作り方や効果的なマーケティングのヒントなどの有益な情報を提供しましょう。


  • シンプルでわかりやすくする: ビジュアルコンテンツの内容とメッセージは、シンプルでわかりやすくすることが大切です。複雑で長い文章や多くの要素を入れると、SNSユーザーは見るのをやめてしまいます。ポイントを絞り、キャッチーな言葉や画像を使いましょう。5歳の子供にもわかるような表現を心がけましょう。例えば、私の場合は以下のようになります。

    • 内容: マッタ創作所の広告デザインサービスの成功事例を紹介する

    • メッセージ: マッタ創作所はあなたのビジョンをデザインし、共に成功へと導きます


  • 感情に訴える: ビジュアルコンテンツの内容とメッセージは、感情に訴えることが効果的です。感情に訴えることで、SNSユーザーの興味や関心を引き、共感や信頼を生みます。感情に訴える方法はいくつかありますが、ここでは以下の2つを紹介します。

    • ストーリーを作る: ビジュアルコンテンツにストーリーを作ることで、SNSユーザーの注意を引きます。ストーリーとは、登場人物や背景、問題や解決策などの要素を持つ物語のことです。ストーリーを作ることで、SNSユーザーはビジュアルコンテンツに感情移入し、エンゲージメントを高めます。例えば、私の場合は以下のようになります。

      • ストーリー: ある起業家がマッタ創作所に広告デザインの依頼をする。マッタ創作所は彼のビジネスのビジョンを理解し、魅力的なビジュアルコンテンツを作成する。その結果、彼のビジネスはSNSで話題になり、売上が急増する。


  • 感情を表現する: ビジュアルコンテンツに感情を表現することで、SNSユーザーの感情に影響を与えます。感情を表現する方法はいくつかありますが、ここでは以下の2つを紹介します。

    • 色や形を使う: ビジュアルコンテンツに色や形を使うことで、感情を表現できます。色や形にはそれぞれに意味やイメージがあります。例えば、赤は情熱や熱意を、青は信頼や安心を、丸は柔らかさや優しさを、四角は堅実さや安定感を表します。色や形を使うことで、SNSユーザーに感情を伝えることができます。

    • 顔や声を使う: ビジュアルコンテンツに顔や声を使うことで、感情を表現できます。顔や声には表情やトーンがあります。表情やトーンにはそれぞれに感情があります。例えば、笑顔は幸せや満足を、しかめ面は不満や不安を、明るい声は元気や興奮を、低い声は落ち着きや真剣さを表します。顔や声を使うことで、SNSユーザーに感情を伝えることができます。



##ステップ4: ビジュアルコンテンツを作成する ビジュアルコンテンツの種類とフォーマット、内容とメッセージが決まったら、いよいよビジュアルコンテンツを作成しましょう。ビジュアルコンテンツを作成するときには、以下の点に注意しましょう。

  • クオリティを高める: ビジュアルコンテンツのクオリティを高めることが重要です。クオリティの高いビジュアルコンテンツは、SNSユーザーの目を引き、信頼感を与えます。クオリティを高める方法はいくつかありますが、ここでは以下の2つを紹介します。

    • プロのツールを使う: ビジュアルコンテンツのクオリティを高めるためには、プロのツールを使うことがおすすめです。プロのツールとは、写真やイラスト、動画などの編集や加工に使えるソフトウェアやアプリのことです。プロのツールを使うことで、ビジュアルコンテンツの画質や色彩、効果などを調整できます。例えば、私の場合は以下のようなツールを使っています。

      • Photoshop: 写真やイラストの編集や加工に使うソフトウェアです。色や明るさ、コントラストなどを調整したり、切り抜きや合成などをしたりできます。

      • Illustrator: イラストやロゴなどのベクター画像を作成するソフトウェアです。形や線、塗りなどを自由に描いたり、変形したりできます。

      • Premiere: 動画の編集や加工に使うソフトウェアです。動画の長さや順序、トランジションなどを調整したり、音声やテキストなどを追加したりできます。


  • プロのサービスを利用する: ビジュアルコンテンツのクオリティを高めるためには、プロのサービスを利用することもおすすめです。プロのサービスとは、写真やイラスト、動画などの制作や編集を依頼できるサービスのことです。プロのサービスを利用することで、専門的な知識やスキルを持った人にビジュアルコンテンツを作成してもらえます。例えば、私の場合は以下のようなサービスを利用しています。

    • マッタ創作所: 広告デザイン、映像制作、マーケティング戦略の3つのサービスを提供する会社です。クライアントのビジョンや目標を視覚的に表現し、効果的なマーケティング戦略を提案します。私はマッタ創作所の広告デザイナーとして、ビジュアルコンテンツの制作や編集を担当しています。

  • クラウドワークス: 写真やイラスト、動画などの制作や編集を依頼できるオンラインのマーケットプレイスです。多くのクリエイターが登録しており、予算や納期に合わせて選ぶことができます。私はクラウドワークスを利用して、自分ではできないビジュアルコンテンツの制作や編集を依頼しています。

##ステップ5: ビジュアルコンテンツを配信する ビジュアルコンテンツが完成したら、最後は配信です。ビジュアルコンテンツを配信するときには、以下の点に注意しましょう。

  • タイミングを考える: ビジュアルコンテンツを配信するタイミングを考えることが重要です。タイミングとは、SNSユーザーがビジュアルコンテンツを見る可能性が高い時間帯のことです。タイミングを考えることで、ビジュアルコンテンツの露出や視聴率を高めることができます。タイミングを考える方法はいくつかありますが、ここでは以下の2つを紹介します。

    • SNSの統計データを参考にする: SNSの統計データを参考にすることで、タイミングを考えることができます。SNSの統計データとは、SNSの管理画面やアナリティクスツールで確認できる、SNSユーザーの行動や傾向を示すデータのことです。例えば、FacebookではFacebook Insights、InstagramではInstagram Insightsを利用できます。SNSの統計データを参考にすることで、SNSユーザーの年齢や性別、地域、興味、アクティブな時間帯などを把握できます。これらの情報をもとに、タイミングを決めましょう。

    • イベントや季節に合わせる: イベントや季節に合わせることで、タイミングを考えることができます。イベントや季節とは、SNSユーザーが関心を持ちやすい特定の日や時期のことです。例えば、クリスマスやバレンタインデー、春や夏などです。イベントや季節に合わせることで、ビジュアルコンテンツに時事性や季節感を加えることができます。これにより、SNSユーザーの関心を引きやすくなります。


  • CTAを設定する: ビジュアルコンテンツを配信するときには、CTAを設定することが効果的です。CTAとは、Call To Actionの略で、SNSユーザーに何か行動を促すことです。例えば、いいねやコメント、シェア、フォロー、問い合わせなどです。CTAを設定することで、エンゲージメントを高めることができます。CTAを設定する方法はいくつかありますが、ここでは以下の2つを紹介します。

    • ボタンやリンクを使う: ボタンやリンクを使うことで、CTAを設定できます。ボタンやリンクとは、SNSユーザーがタップやクリックすることで、別のページやアプリに移動できる要素のことです。例えば、FacebookではFacebook Ads、InstagramではInstagram Adsを利用できます。ボタンやリンクを使うことで、SNSユーザーに直接的に行動を促すことができます。

    • テキストや画像を使う: テキストや画像を使うことで、CTAを設定できます。テキストや画像とは、SNSユーザーに間接的に行動を促す言葉や画像のことです。例えば、ビジュアルコンテンツのキャプションやテキストオーバーレイにCTAを入れることができます。テキストや画像を使うことで、SNSユーザーに自発的に行動を促すことができます。


以上、私が実践しているビジュアルコンテンツの作り方の5つのステップをご紹介しました。これらのステップを実行すれば、あなたのビジュアルコンテンツも3倍の効果でバズることができますよ!ぜひ、試してみてくださいね。もし、ビジュアルコンテンツの作成にお困りの方がいらっしゃいましたら、マッタ創作所にお気軽にご相談ください。私たちはあなたのビジョンをデザインし、共に成功へと導きます。

お問い合わせはこちらからどうぞ。





それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。この記事がお役に立ちましたら、ぜひいいねやコメント、シェアをお願いします。

また、マッタ創作所のFacebookとInstagramもフォローしてくださいね。次回の記事もお楽しみに!








閲覧数:3回

Comments


bottom of page