top of page

動画編集で視聴者を魅了する!3倍効果のストーリーテリング術

動画編集で大切なことって何だと思いますか?

映像の美しさ?音の迫力?

もちろんそれも大事ですが、それ以上に大切なのは**「ストーリー」**です。


良いストーリーは、視聴者の心を掴み、最後まで見届けさせてくれます。


今回は、そんなストーリーテリングのスキルを向上させるための、3つのステップをご紹介します。






ステップ1: ターゲットを明確にする

まずは、あなたの動画のターゲットを明確にしましょう。

誰に届けたいのか、何を伝えたいのかを理解することが大切です。

ターゲットが明確になると、ストーリーの方向性や構成が見えてきます。



ステップ2: ストーリーの骨格を決める

次に、ストーリーの骨格を決めましょう。

これは、起承転結のような、物語の基本的な構成です。

起承転結を意識することで、ストーリーにメリハリが生まれ、視聴者の興味を惹きつけることができます。



ステップ3: 細部を埋めていく

最後に、ストーリーの細部を埋めていきましょう。

登場人物や設定、セリフなど、細部にこだわることで、ストーリーにリアリティが生まれ、視聴者の共感を得ることができます。



私の体験談

私は、動画編集を始めたばかりの頃、ストーリーの重要性を理解せずに、映像や音ばかりにこだわっていました。

しかし、実際に動画を公開してみると、視聴者の反応はイマイチ。

そこで、ストーリーの重要性を改めて認識し、ステップ1〜3を実践したところ、動画の評価が大きく変わりました。

具体的には、

  • ターゲットを明確にしたことで、視聴者のニーズに合ったストーリーを作成できるようになった。

  • ストーリーの骨格を決めたことで、ストーリーの流れがスムーズになり、視聴者の興味を惹きつけやすくなった。

  • 細部を埋めたことで、ストーリーにリアリティが生まれ、視聴者の共感を得やすくなった。


3倍効果

ステップ1〜3を実践することで、ストーリーテリングスキルは3倍の効果で向上します。

その理由は、

  • ターゲットを明確にすることで、ストーリーの方向性が定まり、効率的にストーリーを作成できる。

  • ストーリーの骨格を決めることで、ストーリーを組み立てるためのベースが完成する。

  • 細部を埋めることで、ストーリーにリアリティや説得力が生まれ、視聴者の共感を得やすくなる。



まずは、ステップ1を実践してみてください。

ターゲットを明確にするだけでも、ストーリーテリングスキルは大きく向上します。

ターゲットを明確にする方法は、以下のようなものがあります。

  • 自分の動画を誰に届けたいのか考える。

  • 自分の動画で何を伝えたいのか考える。

  • ターゲットのペルソナを作成してみる。

ターゲットを明確にしたら、ぜひステップ2〜3にもチャレンジしてみてください。

あなたの動画が、ストーリーの力で、より多くの人に届くようになりますように。





Comments


bottom of page