top of page

動画編集のプロが教える!バズる動画を作るための5つのコツ


あなたは動画編集に興味がありますか?

動画編集は、ビジュアルストーリーテリングやコンテンツ制作の重要な要素です。動画編集のスキルを向上させることで、あなたの動画コンテンツを成功させることができます。


しかし、動画編集は簡単なことではありません。動画編集ソフトウェアの使い方や選択方法、創造的なアイデアの実現方法、動画の効果的な共有とプロモーション方法など、知っておくべきことがたくさんあります。


そこで、今回は、動画編集のプロが教える、バズる動画を作るための5つのコツをご紹介します。これらのコツを使うことで、あなたの動画は視聴者の興味を引き、感情を動かし、行動を促すことができます。それでは、早速見ていきましょう。





コツ1: 動画の目的とターゲットを明確にする

動画編集を始める前に、まずは動画の目的とターゲットを明確にしましょう。動画の目的とは、あなたが動画で何を伝えたいのか、どんな効果を狙っているのかということです。ターゲットとは、あなたが動画で誰に向けて話しているのか、どんな人に見てもらいたいのかということです。


動画の目的とターゲットを明確にすることで、動画の内容やスタイル、トーン、長さなどを決める際に参考になります。例えば、あなたがビジネスオーナーとして、自社の商品やサービスを紹介する動画を作るとしましょう。この場合、動画の目的は、視聴者に自社の商品やサービスの価値やメリットを伝え、購入や問い合わせにつなげることです。ターゲットは、自社の商品やサービスに興味がありそうな人々です。このように、動画の目的とターゲットを明確にすることで、動画の内容やスタイル、トーン、長さなどを決める際に参考になります。



コツ2: 動画の構成を考える

動画の目的とターゲットが明確になったら、次に動画の構成を考えましょう。動画の構成とは、動画の流れや順序、シーンの切り替えなどを決めることです。動画の構成を考える際には、以下の3つのポイントを意識しましょう。

  • 導入部: 動画の最初の部分で、視聴者の注意を引き、動画の内容やメリットを紹介する。

  • 本論: 動画の中心部分で、動画の目的に沿って、情報やアイデアを提供する。

  • 結論: 動画の最後の部分で、動画の要点をまとめ、視聴者に対してアクションを促す。

動画の構成を考えることで、動画の内容やメッセージがわかりやすく伝わります。また、視聴者の興味や感情を維持することができます。例えば、あなたが学生として、自分の趣味や特技を紹介する動画を作るとしましょう。この場合、動画の構成は以下のようになるかもしれません。

  • 導入部: 自分の名前や学校を紹介し、自分の趣味や特技が何であるかを簡単に説明する。視聴者に対して、自分の趣味や特技に興味を持ってもらうように話す。

  • 本論: 自分の趣味や特技について詳しく説明する。どのように始めたのか、どのように練習したのか、どのような成果や楽しみがあるのかなどを話す。画像や動画などを使って、自分の動画や特技を見せる。自分の趣味や特技に関するエピソードや感想などを話す。視聴者に対して、自分の趣味や特技に共感や感動を与えるように話す。

  • 結論: 自分の趣味や特技についてのまとめや感想を述べる。視聴者に対して、自分の趣味や特技に興味を持ってもらうように誘う。例えば、自分の趣味や特技に関する質問やコメントを求めたり、自分の趣味や特技にチャレンジしてみるように勧めたりする。

このように、動画の構成を考えることで、動画の内容やメッセージがわかりやすく伝わります。また、視聴者の興味や感情を維持することができます。



コツ3: 動画の編集ソフトウェアを選ぶ

動画の構成が決まったら、次に動画の編集ソフトウェアを選びましょう。動画の編集ソフトウェアとは、動画のカットやトリミング、エフェクトやテキストの追加など、動画の編集を行うためのツールです。動画の編集ソフトウェアは、機能や価格、操作性などによってさまざまな種類があります。あなたの動画の目的やターゲット、スキルレベルに合わせて、最適な編集ソフトウェアを選びましょう。

動画の編集ソフトウェアを選ぶ際には、以下の3つのポイントを意識しましょう。

  • 機能: 動画の編集に必要な機能が揃っているかどうかを確認する。例えば、カットやトリミング、エフェクトやテキストの追加、音声や音楽の調整、トランジションやアニメーションの設定などができるかどうかを確認する。

  • 価格: 動画の編集ソフトウェアの価格が予算に合っているかどうかを確認する。動画の編集ソフトウェアには、無料のものや有料のもの、一括購入のものやサブスクリプションのものなどがあります。あなたの動画の頻度や目的に合わせて、最もコスパの高い編集ソフトウェアを選びましょう。

  • 操作性: 動画の編集ソフトウェアの操作性が自分に合っているかどうかを確認する。動画の編集ソフトウェアには、初心者向けのものや上級者向けのもの、シンプルなものや複雑なものなどがあります。あなたの動画のスキルレベルや好みに合わせて、最も使いやすい編集ソフトウェアを選びましょう。

動画の編集ソフトウェアを選ぶことで、動画の編集がスムーズに行えます。また、動画の品質や効果を向上させることができます。例えば、あなたがソーシャルメディア担当者として、ソーシャルメディア用の動画コンテンツを作るとしましょう。この場合、動画の編集ソフトウェアとして、以下のようなものが適しているかもしれません。

  • Filmora: Filmoraは、初心者でも簡単に使える動画編集ソフトウェアです。カットやトリミング、エフェクトやテキストの追加などの基本的な機能に加えて、ソーシャルメディア向けのテンプレートやステッカーなどの豊富な素材が用意されています。また、価格も手頃で、一括購入やサブスクリプションの選択肢があります。

  • Adobe Premiere Rush: Adobe Premiere Rushは、ソーシャルメディア用の動画編集ソフトウェアです。スマホやタブレットなどのデバイスで動画の撮影や編集ができます。カットやトリミング、エフェクトやテキストの追加などの機能に加えて、ソーシャルメディアのサイズやフォーマットに合わせて動画を調整できます。また、ソーシャルメディアに直接動画をアップロードできます。価格はサブスクリプション制で、Adobeの他のソフトウェアとの連携もできます。

このように、動画の編集ソフトウェアを選ぶことで、動画の編集がスムーズに行えます。また、動画の品質や効果を向上させることができます。



コツ4: 動画の編集を行う

動画の編集ソフトウェアを選んだら、次に動画の編集を行いましょう。動画の編集とは、動画のカットやトリミング、エフェクトやテキストの追加など、動画の内容や表現を調整することです。動画の編集を行う際には、以下の3つのポイントを意識しましょう。

  • 動画の目的とターゲットに合わせる: 動画の編集は、動画の目的とターゲットに合わせて行うことが重要です。動画の目的とターゲットに応じて、動画のスタイルやトーン、長さなどを調整しましょう。例えば、あなたが映画愛好家として、自分のおすすめの映画を紹介する動画を作るとしましょう。この場合、動画の目的は、視聴者に自分のおすすめの映画の魅力や感想を伝えることです。ターゲットは、映画に情熱を持つ人々です。このように、動画の目的とターゲットに応じて、動画のスタイルやトーン、長さなどを調整しましょう。

  • 動画の構成に沿って編集する: 動画の編集は、動画の構成に沿って行うことが重要です。動画の構成に沿って、動画の流れや順序、シーンの切り替えなどを調整しましょう。例えば、あなたがビデオクリエイターとして、自分のプロ動画の構成に沿って編集する: 動画の編集は、動画の構成に沿って行うことが重要です。動画の構成に沿って、動画の流れや順序、シーンの切り替えなどを調整しましょう。例えば、あなたがビデオクリエイターとして、自分のプロジェクトのケーススタディを紹介する動画を作るとしましょう。この場合、動画の構成は以下のようになるかもしれません。

  • 導入部: 自分の名前やチャンネルを紹介し、自分のプロジェクトの概要や目的を簡単に説明する。視聴者に対して、自分のプロジェクトのプロセスや成果に興味を持ってもらうように話す。

  • 本論: 自分のプロジェクトのプロセスや成果について詳しく説明する。どのようにアイデアを考えたのか、どのように動画の構成や編集を行ったのか、どのような反応や効果があったのかなどを話す。画像や動画などを使って、自分のプロジェクトを見せる。自分のプロジェクトに関する挑戦や学びなどを話す。視聴者に対して、自分のプロジェクトのヒントやアドバイスを提供するように話す。

  • 結論: 自分のプロジェクトについてのまとめや感想を述べる。視聴者に対して、自分のプロジェクトに関するフィードバックや質問を求める。例えば、自分のプロジェクトに関するコメントや評価をお願いしたり、自分のプロジェクトに関連する他の動画やリンクを紹介したりする。

このように、動画の構成に沿って編集することで、動画の内容やメッセージがわかりやすく伝わります。また、視聴者の興味や感情を維持することができます。



コツ5: 動画のエンゲージメントを高める

動画の編集が終わったら、最後に動画のエンゲージメントを高めることを考えましょう。動画のエンゲージメントとは、視聴者が動画に対してどのように反応するかということです。動画のエンゲージメントを高めることで、視聴者との関係を強化し、動画の効果を最大化することができます。動画のエンゲージメントを高めるためには、以下の3つのポイントを意識しましょう。

  • 動画のサムネイルやタイトルを工夫する: 動画のサムネイルやタイトルは、視聴者が動画をクリックするかどうかの決め手になります。動画のサムネイルやタイトルは、動画の内容やメリットを魅力的に伝えることが重要です。動画のサムネイルやタイトルを工夫することで、視聴者の好奇心や興味を引きます。例えば、あなたがマーケティング担当者として、自社の商品やサービスのレビュー動画を作るとしましょう。この場合、動画のサムネイルやタイトルは以下のようになるかもしれません。

    • サムネイル: 自社の商品やサービスの写真やロゴ、レビューの星の数やコメントなどを使って、視覚的にアピールする。

    • タイトル: 自社の商品やサービスの名前や特徴、レビューの評価や感想などを使って、文字的にアピールする。


  • 動画の最初と最後にCTAを設定する: 動画の最初と最後にCTA(コール・トゥ・アクション)を設定することで、視聴者に対して何かを行動させることができます。CTAとは、視聴者に対して具体的なアクションを促す言葉やボタンなどのことです。CTAを設定することで、視聴者との関係を強化し、動画の効果を最大化することができます。例えば、あなたが趣味の映像制作者として、自分の作った映画を紹介する動画を作るとしましょう。この場合、動画の最初と最後にCTAを設定すると以下のようになるかもしれません。

    • 動画の最初: 視聴者に対して、自分のチャンネルの登録や通知の設定をお願いする。また、自分の作った映画の内容やメリットを紹介し、視聴者に対して最後まで見てもらうように誘う。

    • 動画の最後: 視聴者に対して、自分の作った映画の感想や評価をお願いする。また、自分の作った映画のフルバージョンや関連する動画やリンクを紹介し、視聴者に対してチェックしてもらうように誘う。


  • 動画の共有や拡散を促す: 動画の共有や拡散を促すことで、視聴者の数や範囲を増やすことができます。動画の共有や拡散を促すためには、以下の方法があります。

    • ソーシャルメディアやYouTubeなどのプラットフォームでの動画の効果的な共有とプロモーション方法についての情報が必要。

    • 動画に関連するハッシュタグやキーワードを使って、検索やトレンドに乗る。

    • 動画に関連するコミュニティやグループに参加して、動画を紹介する。

    • 動画に関連するインフルエンサーやエキスパートにコラボレーションや紹介を依頼する。

    • 動画に関連するコンテストやキャンペーンを開催して、視聴者の参加や拡散を促す。


このように、動画のエンゲージメントを高めることで、視聴者との関係を強化し、動画の効果を最大化することができます。

以上、動画編集のプロが教える、バズる動画を作るための5つのコツでした。これらのコツを使って、あなたも素晴らしい動画コンテンツを作ってみましょう。動画編集は、クリエイティブな世界への扉を開く魔法のようなスキルです。あなたの動画が、多くの人に見てもらえるように、応援しています。


PS: この記事が役に立ったと思ったら、ぜひコメントやシェアをお願いします。あなたの動画編集に関する質問や感想もお待ちしています。




Comentarios


bottom of page