top of page

脳科学が解き明かす!バズるデザインの秘密

更新日:1月24日

こんにちは、この度はマッタ創作所のブログ記事作成のご依頼をいただき、ありがとうございます。

この記事では、脳科学が解き明かす!バズるデザインの秘密について、わかりやすくお伝えします。

この記事を読んでいただければ、あなたのビジネスに役立つ広告デザインのコツが分かるようになります。

それでは、早速始めましょう!




1. バズるデザインとは何か?

まずは、バズるデザインとは何かを簡単に説明します。バズるデザインとは、SNSなどで拡散されるような、人々の心を動かすデザインのことです。バズるデザインは、見た人が感動したり、興味を持ったり、共感したり、行動したくなったりするような効果を持ちます。バズるデザインは、ビジネスにとっても非常に重要です。なぜなら、バズるデザインは、ブランドの認知度やイメージを高めたり、商品やサービスの魅力を伝えたり、顧客のロイヤルティを高めたりするからです。バズるデザインは、ビジネスの成長に欠かせない要素なのです。



2. バズるデザインの秘密は脳科学にあった!

では、バズるデザインを作るにはどうすればいいのでしょうか?実は、バズるデザインの秘密は、脳科学にあるのです。脳科学とは、人間の脳の構造や機能、そして心理や行動に関する学問のことです。脳科学は、人間の感情や判断や記憶などを解明してくれます。そして、脳科学は、バズるデザインにも応用できるのです。脳科学を使えば、人々の脳にどのような刺激を与えると、どのような反応が起こるかが分かります。そして、その反応を利用して、バズるデザインを作ることができるのです。例えば、色や形や文字などのデザイン要素には、それぞれに脳に与える影響があります。赤色は情熱や緊張や危険を感じさせたり、丸い形は柔らかさや親しみや安心を感じさせたり、大きな文字は強調や重要さや衝撃を感じさせたりします。これらのデザイン要素を組み合わせることで、バズるデザインを作ることができるのです。



3. バズるデザインの具体的な方法

それでは、バズるデザインを作る具体的な方法を紹介します。ここでは、マッタ創作所が提供する3つのサービス、広告デザイン、映像制作、マーケティング戦略のそれぞれについて、バズるデザインのコツをお伝えします。

広告デザイン

広告デザインとは、パッケージやポスターやチラシなど、紙媒体やデジタル媒体に掲載される広告のデザインのことです。広告デザインのバズるコツは、以下の3つです。

  • シンプルにする 広告デザインは、シンプルにすることが大切です。脳は、複雑な情報に対しては、無視したり、忘れたりする傾向があります。そのため、広告デザインは、必要な情報だけを伝えるようにしましょう。また、色や形や文字などのデザイン要素も、少なくても効果的なものを選びましょう。シンプルな広告デザインは、脳に強く印象付けることができます。

  • 感情に訴える 広告デザインは、感情に訴えることも重要です。脳は、感情に関連する情報に対しては、注意したり、記憶したりする傾向があります。そのため、広告デザインは、見た人の感情を動かすようにしましょう。例えば、笑顔や涙や驚きなどの表情を使ったり、幸せや悲しみや恐怖などの感情を誘う言葉を使ったりしましょう。感情に訴える広告デザインは、脳に深く刻み込まれることができます。

  • 物語を作る 広告デザインは、物語を作ることも効果的です。脳は、物語に関連する情報に対しては、想像したり、共感したりする傾向があります。そのため、広告デザインは、見た人の興味を引くような物語を作りましょう。例えば、キャラクターやシチュエーションや展開などを使ったり、問題や解決策や結末などを提示したりしましょう。物語を作る広告デザインは、脳に楽しく伝わることができます。

映像制作

映像制作とは、動画やアニメーションなど、動く映像の制作のことです。映像制作のバズるコツは、以下の3つです。

  • 視覚的に魅力的にする 映像制作は、視覚的に魅力的にすることが大切です。脳は、美しいものや面白いものや驚くものなど、視覚的に魅力的なものに対しては、興味を持ったり、感動したりする傾向があります。そのため、映像制作は、色や形や動きなどの視覚的な要素を工夫しましょう。視覚的に魅力的な映像制作は、脳に強烈に印象付けることができます。

  • 音楽や音声を使う 映像制作は、音楽や音声を使うことも効果的です。脳は、音楽や音声に関連する情報に対しては、感情や記憶や行動に影響を与える傾向があります。そのため、映像制作は、音楽や音声を使って、見た人の感情や記憶や行動を誘導しましょう。例えば、音楽や音声を使って、雰囲気や感情やメッセージを伝えることは、映像制作の基本的なテクニックです。音楽や音声は、映像の内容や目的に合わせて選ぶことが大切です。例えば、

  • 明るく楽しい雰囲気を作りたい場合は、テンポの速いポップスやロックなどの音楽を使うと効果的です。

  • 感動や感謝の気持ちを伝えたい場合は、バラードやオーケストラなどの音楽を使うと効果的です。

  • 緊張感やサスペンスを作りたい場合は、低音や不協和音などの音楽を使うと効果的です。

  • 説明や解説をしたい場合は、明瞭で聞きやすい音声を使うと効果的です。

  • 物語やドラマを作りたい場合は、登場人物の感情や性格に合った音声を使うと効果的です。

  • インパクトや印象を与えたい場合は、特徴的な音声や効果音を使うと効果的です。

  • 動画制作する際のBGMの著作権を分かりやすく解説!

  • 動画制作でのBGMの著作権の注意ポイントと事例を解説

  • 【まとめ】動画やゲームなどに無料で使えるフリー音楽・効果音・BGM素材集

  • 動画に音楽をつける。無料でBGMを挿入・追加できます|Canva


閲覧数:3回

Comments


bottom of page