top of page

視線誘導で広告デザインを劇的に改善する5つの方法

こんにちは、マッタ創作所です。私は広告デザインのプロとして、クライアントのビジネスを成功に導くために、ビジョンをデザインし、共に成功へというコンセプトでサービスを提供しています。


今日は、広告デザインを劇的に改善するための5つの方法をお伝えしたいと思います。

これらの方法は、視線誘導というテクニックに基づいています。

視線誘導とは、広告の中で人の目を引く要素を配置し、見る人の視線をコントロールすることです。

これにより、広告のメッセージや効果を強化することができます。


では、具体的にどのように視線誘導を使うのでしょうか?以下に5つのステップを紹介します。





##ステップ1: 広告の目的とターゲットを明確にする まずは、広告の目的とターゲットを明確にしましょう。広告の目的とは、広告を見た人に何をしてほしいか、どんな感情や印象を与えたいかということです。ターゲットとは、広告を見る人の年齢や性別、興味やニーズなどの特徴です。これらを明確にすることで、広告の内容やデザインを決める際に、効果的な視線誘導の要素を選ぶことができます。

例えば、私は最近、クリエイティブなビジネスオーナーと起業家をターゲットにした広告デザインのプロジェクトを担当しました。この広告の目的は、マッタ創作所の広告デザインサービスの価値を伝え、問い合わせや契約につなげることでした。この場合、視線誘導の要素として、ビジュアル的に魅力的なコンテンツや、成功事例やメリットを強調するテキストなどを考えることができます。



##ステップ2: 視線誘導の要素を選ぶ 次に、視線誘導の要素を選びましょう。視線誘導の要素とは、広告の中で人の目を引くものです。色や形、文字や画像などがあります。これらの要素を選ぶ際には、以下のポイントに注意しましょう。

  • 視線誘導の要素は、広告の目的やターゲットに合わせて選ぶこと。例えば、若い女性をターゲットにした化粧品の広告なら、ピンクや赤などの明るい色や、女性の顔や目などの画像を使うと効果的です。

  • 視線誘導の要素は、広告の中で目立つように配置すること。例えば、広告の中央や上部に置いたり、大きくしたり、枠で囲んだりすると目立ちます。

  • 視線誘導の要素は、広告の中で一貫性を持たせること。例えば、色や形やフォントなどを統一したり、同じ方向に向けたりすると一貫性が出ます。

例えば、私が担当した広告デザインのプロジェクトでは、視線誘導の要素として、以下のものを選びました。

  • ビジュアル的に魅力的なコンテンツ: 広告の中央に、マッタ創作所が制作した広告デザインの作品を大きく配置しました。これにより、見る人の目を引き、広告デザインサービスの品質をアピールしました。

  • 成功事例やメリットを強調するテキスト: 広告の上部に、マッタ創作所のコンセプトである「ビジョンをデザインし、共に成功へ」というキャッチコピーを配置しました。これにより、見る人の興味を引き、広告デザインサービスの価値を伝えました。また、広告の下部に、マッタ創作所の成功事例やメリットを箇条書きで記載しました。これにより、見る人に信頼感や安心感を与え、問い合わせや契約につなげることを狙いました。

  • 赤と黒のコントラスト: 広告の背景には、赤と黒のコントラストを使いました。これにより、広告の中で視線誘導の要素を目立たせ、見る人の注目を集めました。また、赤と黒は、情熱やパワー、プロフェッショナルさなどのイメージを与え、ターゲット層であるクリエイティブなビジネスオーナーと起業家に訴求しました。


##ステップ3: 視線誘導の順序を決める 次に、視線誘導の順序を決めましょう。視線誘導の順序とは、広告を見た人がどの要素からどの要素へと目を移すかということです。これを決めることで、広告のメッセージや効果を最大化することができます。

視線誘導の順序を決める際には、以下のポイントに注意しましょう。

  • 視線誘導の順序は、広告の目的やターゲットに合わせて決めること。例えば、広告の目的が商品の購入や問い合わせなら、最後にそのアクションを促す要素を配置すると効果的です。

  • 視線誘導の順序は、人の視覚的な傾向や心理的な影響を考慮すること。例えば、人は左上から右下にかけて広告を見る傾向があるので、その方向に沿って要素を配置すると効果的です。また、人は人の顔や目に惹かれるので、そのような要素を使うと効果的です。

例えば、私が担当した広告デザインのプロジェクトでは、視線誘導の順序として以下のように決めました。

  • まず、広告の上部に配置したキャッチコピー「ビジョンをデザインし、共に成功へ」に目を向けさせます。これにより、見る人にマッタ創作所のコンセプトとメリットを伝えます。

  • 次に、広告の中央に配置したビジュアル的に魅力的なコンテンツに目を移動させます。これにより、見る人にマッタ創作所の広告デザインサービスの品質とクリエイティビティをアピールします。

  • 最後に、広告の下部に配置した成功事例やメリットの箇条書きに目を落とさせます。これにより、見る人にマッタ創作所の実績と信頼性を示し、問い合わせや契約に誘導します。


##ステップ4: 視線誘導の効果を検証する 次に、視線誘導の効果を検証しましょう。視線誘導の効果を検証することで、広告デザインの改善点や効果の高さを確認することができます。

視線誘導の効果を検証する方法として、以下のものがあります。

  • アイトラッキング: アイトラッキングとは、広告を見る人の目の動きを追跡することです。これにより、視線誘導の要素がどの程度目を引いているか、視線誘導の順序がどのようになっているか、視線誘導の要素にどのくらいの時間を費やしているかなどを測定することができます。

  • ヒートマップ: ヒートマップとは、広告の中で人の目が集まる場所を色で表すことです。これにより、視線誘導の要素の目立ち具合や視線誘導の順序の流れや方向などを視覚的に確認することができます。

  • 実験: 実験とは、視線誘導の要素を変えたり、視線誘導の順序を変えたりして、広告の効果にどのような違いが出るかを検証することです。これにより、視線誘導の要素や順序の最適化や改善点を見つけることができます。

例えば、私が担当した広告デザインのプロジェクトでは、視線誘導の効果を検証するために、以下の方法を使いました。

  • アイトラッキング: アイトラッキングの結果、視線誘導の要素が目を引いており、視線誘導の順序が想定通りになっていることが分かりました。また、キャッチコピーとビジュアルコンテンツに最も多くの時間を費やしていることが分かりました。

  • ヒートマップ: ヒートマップの結果、視線誘導の要素が赤く表示され、広告の中で目立っていることが分かりました。また、視線誘導の順序が左上から右下にかけて流れていることが分かりました。

  • 実験: 実験の結果、視線誘導の要素や順序を変えた場合、広告の効果が低下することが分かりました。例えば、ビジュアルコンテンツを小さくしたり、キャッチコピーを下部に移動したりした場合、問い合わせや契約の数が減少しました。


##ステップ5: 視線誘導を活用する 最後に、視線誘導を活用しましょう。視線誘導を活用することで、広告デザインの効果を最大限に引き出すことができます。

視線誘導を活用する方法として、以下のものがあります。

  • 広告の配置: 広告の配置とは、広告をどこに掲載するかということです。これにより、広告を見る人の数や質を変えることができます。例えば、SNSやブログなどのオンラインメディアや、雑誌や新聞などのオフラインメディアなどがあります。広告の配置を決める際には、ターゲット層がよく利用するメディアや、視線誘導の要素が目立つメディアを選ぶと効果的です。

  • 広告のタイミング: 広告のタイミングとは、広告をいつ掲載するかということです。これにより、広告を見る人の関心や反応を変えることができます。例えば、季節やイベントなどに合わせたり、ターゲット層が活発になる時間帯や曜日に合わせたりすると効果的です。広告のタイミングを決める際には、ターゲット層のライフスタイルやニーズに応じて、視線誘導の要素が響くタイミングを選ぶと効果的です。

  • 広告の反応: 広告の反応とは、広告を見た人がどのように反応したかということです。これにより、広告の効果や改善点を評価することができます。例えば、問い合わせや契約の数や質、SNSでのシェアやコメントの数や内容などがあります。広告の反応を分析する際には、視線誘導の要素がどのように影響したかを考えると効果的です。

例えば、私が担当した広告デザインのプロジェクトでは、視線誘導を活用するために、以下の方法を使いました。

  • 広告の配置: 広告の配置として、SNSとブログを選びました。これは、ターゲット層であるクリエイティブなビジネスオーナーと起業家がよく利用するメディアであり、視線誘導の要素が目立つメディアだからです。SNSでは、インスタグラムやフェイスブックなどの画像や動画に強いプラットフォームを選びました。ブログでは、ビジネスやマーケティングに関する話題や情報が多くの人がアクセスするサイトを選びました。これにより、広告のリーチやインパクトを高めることができました。

  • 広告のタイミング: 広告のタイミングとして、ビジネスやマーケティングに関心が高まる時期や時間帯を選びました。例えば、年始や月初めなどの新しいスタートの時期や、平日の昼間や夕方などの仕事に集中する時間帯を選びました。これにより、ターゲット層の関心や反応を引き出すことができました。

  • 広告の反応: 広告の反応として、問い合わせや契約の数や質、SNSでのシェアやコメントの数や内容を分析しました。その結果、視線誘導の効果が高いことが分かりました。例えば、問い合わせや契約の数は前月比で2倍以上に増加し、質も高まりました。SNSでは、シェアやコメントの数は平均で10倍以上に増加し、内容も好意的でした。


以上、視線誘導で広告デザインを劇的に改善する5つの方法をお伝えしました。いかがでしたでしょうか?視線誘導は、広告デザインの効果を最大限に引き出すための強力なテクニックです。ぜひ、あなたのビジネスにも活用してみてください。


もし、広告デザインに関するご相談やご依頼がありましたら、マッタ創作所にお気軽にお問い合わせください。私たちは、あなたのビジョンをデザインし、共に成功へと導きます。お待ちしております。





閲覧数:4回

Comments


bottom of page