top of page

動画編集のプロが教える!視聴者を惹きつけるコツとは?

動画編集というと難しそうに感じるかもしれませんが、実はそんなことはありません。動画編集は、クリエイティブな世界への扉を開く素晴らしいスキルです。


動画編集をマスターすれば、あなたの思い描くストーリーやメッセージを視聴者に伝えることができます。


しかし、ただ動画を作ってもバズらないことが多いですよね。バズる動画というのは、視聴者の興味や感情に訴えかけるものです。


では、どうすれば視聴者を惹きつける動画を作れるのでしょうか?


今回は、私が長年の経験から学んだ、バズる動画編集の秘訣を5つご紹介します。これらの秘訣を使えば、あなたも素晴らしい動画コンテンツを作成できるようになりますよ!

それでは早速始めましょう!





1. 動画の目的とターゲットを明確にする

動画編集を始める前に、まずは動画の目的とターゲットを明確にしましょう。動画の目的とは、あなたが何を伝えたいか、どんな反応や行動を引き出したいかということです。ターゲットとは、あなたが誰に向けて動画を作っているかということです。


動画の目的とターゲットを明確にすることで、動画の内容やスタイル、トーンを決める際に役立ちます。例えば、教育的な動画を作る場合は、分かりやすく説明することが目的で、学びたい人がターゲットです。その場合は、シンプルで明快な編集が適切です。


一方、エンターテイメント性の高い動画を作る場合は、楽しませることが目的で、暇つぶしをしたい人がターゲットです。その場合は、派手で華やかな編集が適切です。



2. 動画の構成を考える

動画の目的とターゲットが決まったら、次に動画の構成を考えましょう。動画の構成とは、動画の流れや順序、ポイントなどを決めることです。動画の構成を考えることで、動画の見せ方や伝え方を工夫できます。

動画の構成は、一般的には以下のようになります。

  • オープニング: 動画のテーマや内容を紹介し、視聴者の興味を引く

  • 本編: 動画のメインコンテンツを展開し、視聴者に価値を提供する

  • エンディング: 動画のまとめや感想を述べ、視聴者にアクションを促す

オープニングは、視聴者が動画を見続けるかどうかを決める重要な部分です。オープニングでは、動画のテーマや内容を簡潔に紹介し、視聴者に何が得られるかを示します。また、視聴者の好奇心や関心を刺激するような工夫もします。例えば、「この動画では、あなたが知らない驚きの事実をお伝えします」「この動画で紹介する方法を使えば、あなたもバズる動画が作れますよ」などです。


本編は、視聴者に価値を提供する部分です。本編では、動画のテーマや内容に沿って情報やノウハウを伝えます。また、視聴者の注意や感情を保つような工夫もします。例えば、「これは私が実際に試してみた方法です」「これはあなたにも役立つはずです」「これは信じられないかもしれませんが」などです。


エンディングは、視聴者にアクションを促す部分です。エンディングでは、動画のまとめや感想を述べます。また、視聴者にコメントやシェアやチャンネル登録などのアクションを求めます。例えば、「この動画が気に入ったらコメントしてください」「この動画が役に立ったらシェアしてください」「このチャンネルでは毎週バズる動画編集の秘訣をお伝えしていますので登録してください」などです。



3. 動画素材を選ぶ

動画の構成が決まったら、次に動画素材を選びましょう。

動画素材とは、動画に使う映像や音声、テキスト、グラフィックなどの要素です。動画素材を選ぶときは、以下のことに注意しましょう。

  • 動画の目的とターゲットに合わせる

  • 動画のテーマや内容に沿う

  • 動画の品質や視認性を高める

  • 著作権や肖像権などの法的な問題を避ける

動画素材を選ぶ方法はいくつかありますが、ここでは3つの代表的な方法を紹介します。

  • 自分で撮影や録音する

  • 無料や有料の素材サイトからダウンロードする

  • 人工知能やソフトウェアを使って生成する

自分で撮影や録音する方法は、オリジナリティや独自性が高いですが、時間やコストがかかる場合があります。また、機材や技術が必要です。自分で撮影や録音する場合は、以下のことに気をつけましょう。

  • 明るさや色彩、音質などの品質を確保する

  • ぶれやノイズなどのミスを減らす

  • 背景や被写体などの構図を工夫する

無料や有料の素材サイトからダウンロードする方法は、手軽で便利ですが、他の人と同じ素材を使う可能性があります。また、著作権や利用規約に注意する必要があります。無料や有料の素材サイトからダウンロードする場合は、以下のことに気をつけましょう。

  • 素材の品質やフォーマットを確認する

  • 素材の出典やライセンスを明記する

  • 素材の加工や編集を行う

人工知能やソフトウェアを使って生成する方法は、最新の技術を活用できますが、予測できない結果になる場合があります。また、操作方法や設定が難しい場合があります。人工知能やソフトウェアを使って生成する場合は、以下のことに気をつけましょう。

  • 生成した素材の品質や適切性をチェックする

  • 生成した素材の著作権や利用規約を確認する

  • 生成した素材に個性や工夫を加える

以上が、動画素材を選ぶ方法です。動画素材は、動画編集の基本となるものです。動画素材を選ぶときは、動画の目的とターゲットに合わせて、最適な方法を選んでください。



4. 動画編集ソフトウェアを使う

動画素材が揃ったら、次に動画編集ソフトウェアを使って動画編集を行います。動画編集ソフトウェアとは、動画素材を切り貼りしたり、エフェクトやテキストを加えたりすることができるソフトウェアです。動画編集ソフトウェアは、無料のものから有料のものまでさまざまな種類があります。


動画編集ソフトウェアを使うときは、以下のことに注意しましょう。

  • 動画編集ソフトウェアの機能や操作方法を学ぶ

  • 動画編集ソフトウェアの設定やフォーマットを確認する

  • 動画編集ソフトウェアのバックアップや保存を行う

動画編集ソフトウェアを使う方法はいくつかありますが、ここでは3つの代表的な方法を紹介します。

  • カット編集: 動画素材の長さや順序を調整する

  • トランジション: 動画素材の間に切り替え効果を加える

  • オーバーレイ: 動画素材の上にテキストやグラフィックを重ねる

カット編集は、動画素材の長さや順序を調整する方法です。カット編集では、動画素材の不要な部分を削除したり、動画素材の並び順を変更したりします。カット編集は、動画のテンポやリズムを作るために重要です。カット編集を行うときは、以下のことに気をつけましょう。

  • 動画の流れやポイントに合わせてカットする

  • カットのタイミングやスピードにバリエーションをつける

  • カットの前後に余白や余裕を残す

トランジションは、動画素材の間に切り替え効果を加える方法です。トランジションでは、動画素材が切り替わるときに、フェードやワイプなどの効果を入れます。トランジションは、動画のつながりや雰囲気を作るために重要です。トランジションを行うときは、以下のことに気をつけましょう。

  • 動画のテーマや内容に合ったトランジションを選ぶ

  • トランジションの速度や方向に注意する

  • トランジションを使いすぎない

オーバーレイは、動画素材の上にテキストやグラフィックを重ねる方法です。オーバーレイでは、動画素材に情報や装飾を追加します。オーバーレイは、動画の見せ方や伝え方を強化するために重要です。オーバーレイを行うときは、以下のことに気をつけましょう。

  • オーバーレイの内容やデザインが動画素材と調和するようにする

  • オーバーレイの位置やサイズが動画素材とバランスするようにする

  • オーバーレイが動画素材の邪魔にならないようにする

以上が、動画編集ソフトウェアを使う方法です。動画編集ソフトウェアは、動画素材を加工して動画コンテンツに仕上げるものです。動画編集ソフトウェアを使うときは、動画の目的とターゲットに合わせて、最適な方法を選んでください。



5. 動画の最終チェックと公開

動画編集が終わったら、最後に動画の最終チェックと公開を行います。動画の最終チェックとは、動画が完成した後に、品質や内容、効果などを確認する

動画の最終チェックとは、動画が完成した後に、品質や内容、効果などを確認することです。動画の最終チェックを行うことで、動画の問題点や改善点を見つけて修正できます。また、動画の完成度や満足度を高めることができます。

動画の最終チェックを行うときは、以下のことに注意しましょう。

  • 動画の目的とターゲットに適しているか

  • 動画の構成や流れがスムーズか

  • 動画の品質や視聴性が良いか

  • 動画の情報やメッセージが伝わっているか

  • 動画のエンゲージメントやインパクトがあるか

動画の最終チェックを行う方法はいくつかありますが、ここでは3つの代表的な方法を紹介します。

  • 自分で何度も見直す

  • 他の人に意見やフィードバックをもらう

  • テスト公開やプレビュー機能を使って確認する

自分で何度も見直す方法は、自分の目で動画の細部までチェックする方法です。自分で何度も見直すときは、以下のことに気をつけましょう。

  • 音量や明るさなどの環境を変えて見る

  • 違うデバイスや画面サイズで見る

  • 違う視点や立場で見る

他の人に意見やフィードバックをもらう方法は、客観的な視点から動画を評価してもらう方法です。他の人に意見やフィードバックをもらうときは、以下のことに気をつけましょう。

  • 動画の目的とターゲットに近い人に見てもらう

  • 質問やアンケートなどで具体的な意見やフィードバックをもらう

  • 意見やフィードバックに対して感謝する

テスト公開やプレビュー機能を使って確認する方法は、実際に公開する前に動画を試しに見る方法です。テスト公開やプレビュー機能を使って確認するときは、以下のことに気をつけましょう。

  • 公開するプラットフォームやフォーマットに合わせて設定する

  • 公開するタイミングやタイトルなども考える

  • テスト公開やプレビュー機能は限定的なものなので注意する

以上が、動画の最終チェックを行う方法です。動画の最終チェックは、動画編集の仕上げとなるものです。動画の最終チェックを行うときは、動画の目的とターゲットに合わせて、最適な方法を選んでください。


さて、これであなたもバズる動画編集の秘訣をマスターしたことでしょう。あとは、動画を公開してみましょう!動画を公開することで、あなたの作品が世界中の人々に届きます。また、視聴者からのコメントやシェアなどの反応も得られます。これらの反応は、あなたのモチベーションや成長につながります。


このブログ記事があなたの動画編集に役立ったら嬉しいです。もし、あなたが作った動画を見せてくれたらもっと嬉しいです。このブログ記事のコメント欄にあなたの動画のリンクを貼ってください。私は必ず見て、感想をお伝えします。


それでは、あなたのバズる動画を楽しみにしています!




Comments


bottom of page