top of page

SNSで絶対に使ってはいけない5つのNGワード

SNSでフォロワーを増やしたいなら、まずNGワードを押さえることが大切!

NGワードとは、SNSで使うべきではない言葉のことで、使ってしまうとフォロワーの反感を買ったり、投稿のエンゲージメントが下がったりする可能性があります。


今回は、SNS運用のプロが「絶対に使ってはいけない」と口を揃える、5つのNGワードをご紹介します。





1. 宣伝臭がする言葉

「買ってください」「いいねしてください」など、宣伝臭がする言葉は、フォロワーに嫌われてしまう可能性が高いです。

SNSは、ユーザーが自分にとって興味のある情報を収集したり、交流したりするために利用するものです。そのため、宣伝ばかりされると、ユーザーが「この投稿は見たくない」と感じてしまうんですね。



2. ネガティブな言葉

「つまらない」「ダメ」など、ネガティブな言葉もNGです。

SNSは、ユーザーに楽しい気分や前向きな気持ちを届けるものです。そのため、ネガティブな言葉ばかりを使うと、ユーザーが「このアカウントは見ていてつまらない」と感じてしまうんですね。



3. 攻撃的な言葉

「バカ」「ウソ」など、攻撃的な言葉もNGです。

SNSは、ユーザー同士が交流するための場です。そのため、攻撃的な言葉を使うと、ユーザー同士が争いになったり、アカウントが炎上したりする可能性があります。



4. 差別的な言葉

性別、国籍、宗教、障害などの差別的な言葉は、絶対に使ってはいけません。

差別的な言葉は、相手を傷つけたり、不快にさせたりするものであり、SNSの利用規約に違反する可能性があります。



5. 誤った情報

事実と異なる情報を発信することは、SNSで最もやってはいけないことです。

誤った情報を信じてしまったユーザーは、ブランドや企業への信頼を失ってしまう可能性があります。



まとめ

SNSでフォロワーを増やすためには、NGワードを押さえることが大切です。

NGワードを使わないように心がけることで、フォロワーの反感を買わず、投稿のエンゲージメントを高めることができます。



「あなたのSNS運用を見直してみませんか?」





bottom of page